「館長、その”芸術”は性暴力です!」第5回ポルノ被害と女性子どもの人権シンポジウム


館長、その芸術は性暴力です!

2012年、東京の六本木ヒルズ・森美術館で会田誠展開催。四肢切断された少女が微笑む姿を描いた暴力的ポルノに市民から抗議の声が・・。館長は、美術館の社会的使命は「作品」について様々な議論を巻き起こすことだと主張。芸術だと言えば、どんなに人の尊厳を脅かしてもいいのか。性暴力は芸術の顔を持てば、性暴力でなくなるのか。隠されている被害は何か。ともに考えましょう。
森美術館問題についてはこちらをご参照ください。

タイトル
第5回ポルノ被害と女性子どもの人権シンポジウム「館長、その”芸術”は性暴力です!」
日時
2014年3月16日13時30分 〜 16時
シンポジスト
中里見 博(徳島大学教員)
宮本節子(フリーソーシャルワーカー)
岡野八代(同志社大学教員)
会費
1000円
チラシ
館長、その芸術は性暴力です!
画像をクリックするとPDFがダウンロードできます。
場所
ドーンセンター・大会議室2
   ( 大阪府男女共同参画・青少年センター)