「ポルノ被害と性暴力を考える会」規約

(発足 2009年5月1日)

第1条(名称) この会の名称を「ポルノ被害と性暴力を考える会」とする。

第2条(目的) この会は、ポルノグラフィの制作・流通等を通じて、あるいはその影響を受けて生じているさまざまな人権侵害や性暴力の問題について議論・調査・検討し、この問題を社会に広く訴えていくことを目的とする。

第3条(所在地) この会の事務局の所在地を、東京都……とする。

第4条(会員) この会の目的に賛同し、会の活動に参加する意志のある者は、一人以上の会員の推薦を受けて会員になることができる。会員は、会のメーリングリストおよび定例の会議に参加し、各人の条件に応じて会の活動を担う。

第5条(役員) この会の役員として「代表世話人」を数名、置く。代表世話人の選出および解任は、会員の半数以上(委任を含む)が出席する会議の場で話し合いで決定する。

第6条(運営) この会の方針および規約の改正等については、会の運営するメーリングリストおよび定例の会議において話し合いで決定する。

附則① 会の代表世話人は以下の会員とする(あいうえお順)。

 名前 宮本節子 
 名前 森田成也 
 名前 湯澤直美 
 名前 横田千代子 

附則②
 この会の規約は2009年11月1日より適用する。
 2014年4月19日より適用する。